会社案内タイトルイメージ

事業方針

代表取締役社長 藁科正美マルヤ水産は全国有数の開き干し生産地、沼津を拠点に120余年開き干しを作り続けています。
開き干し一筋30年の職人による原料の目利きと秘伝の製法は、今も昔も変わらず継承し続けています。


アクセス


大きな地図で見る

会社概要

社 名 株式会社マルヤ水産
設 立 昭和35年10月5日
代表者名 藁科正美
本 社 〒410-0845 静岡県沼津市千本港町2番地
電話:055-951-0008
事業内容 魚仲買及び水産加工業、並びに冷凍及び冷蔵業

 

組 織

営業部 自社にて製造した美味しい開き干し、漬け魚を量販店、市場を通じて消費者に提供
製造部 原料解凍から開き加工及び塩漬業務、商品を乾燥包装、梱包作業、直売店ならびにインターネット、各量販店のギフト商品の管理発送業務、各量販店及び各市場への出荷業務
鮮魚部 沼津市場における鮮魚の買い付け及び地元業務筋、各量販店への提供
管理部 販売先への出荷伝票の処理と商品や原料の在庫管理および営業部の後方支援業

 

沿 革

1960年10月 魚粕漬を主力とする水産食品加工を主業務として、株式会社マルヤ水産を設立
1970年9月 当社代表者が専従者として個人営業をしていた魚仲買業を吸収
鮮魚流通分野に進出
1976年8月 加工原料の安定供給と地域加工業の利便を図るため、荷受業を開始
1989年 4月 鮮魚塩干店舗及び加工場建設
2002年11月 利尻昆布醤油干しシリーズを開発
2003年1月 店頭試食販売サービスの提供を切り口に、量販店営業を本格的に開始
2003年2月 カタログ通販を作成し、通販事業に本格参入
2006年9月 自社HPを作成し、インターネット通販を開始
2010年9月 沼津港にて直売所を開店する

このページのトップへ